三和アーバンクリエイト

パワーペイブサンド

単粒度砕石と多孔質形状を持つ高炉水砕スラグの組み合わせで、堅牢性、耐久性、保水性、透水性をあわせ持つ新しい舗装材。粒度の異なる骨材の噛み合わせにより、曲げ強度40kgf/㎠を実現。高炉水砕スラグの「潜在水硬性」により、優れた長期強度(耐久性)を発揮。

パワーペイブサンド

パワーペイブサンドの特長

舗装構成と機能

舗装構成と機能
  • 堅牢性(曲げ強度)曲げ強度は40kgf/㎠以上であり、歩行者系舗装材の中でも極めて高い数値を実現。

  • 耐久性骨材のかみ合わせと、高炉水砕スラグのもつ「潜在水硬性」により、高い耐久性を発揮します。

  • 保水性t=7cmの場合1㎡あたり約16リットルの水を貯えます。毛細管現象で路盤から水も吸い上げ保水力を維持します。

  • 透水性雨水を速やかに透水するため、水たまりができにくく、雨中、雨後でも快適な歩行性が得られます。

  • 表面温度高い保水力により貯えた雨水を、表層から蒸発散することで、表面温度の上昇を抑制し、ヒートアイランド現象を緩和します。

  • 環境対応地下水を豊富にし、植物の育成を活性化します。(樹木・緑地に潤いを与えます。)

  • リサイクル原材料は「グリーン購入法」の指定材料になっており、正に「エコ」を実践する舗装です。

  • すべり抵抗表面が細かい凹凸のため雨に濡れてもすべりにくく、歩きやすい舗装です。

パワーペイブサンドとカラーサンド、透水コンクリートとの比較

パパワーペイブサンドとカラーサンド、透水コンクリートとの比較

パワーペイブサンドの採用例※写真はイメージになります。

パワーペイブサンドの採用例

パワーペイブサンドのバリエーション※写真の色は実際と異なる場合があります。

パワーペイブサンドのバリエーション

パワーペイブサンドの舗装構成・用途

パワーペイブサンドの舗装構成・用途

※路床の設計CBRが3未満の「軟弱地盤」の場合は、「フィルター層」(土工用水砕スラグ)を必ず設置してください。
「凍上現象」が予想される、又は路床が水を通さない粘性土の場合も「フィルター層」をぜひともご採用ください。

PAGE TOP